ABI(足関節上腕血圧比)検査

ご自身の血管年齢って気になりませんか?

当院では、ABI(足関節上腕血圧比)検査とbaPWV(脈派伝播速度)検査を行っています。
ABI検査では血管の詰まり具合がわかり、baPWV検査を行うことにより血管の硬さがわかります。
これらの検査を行うことにより、自身の血管年齢がわかり、動脈硬化の進み具合を把握する事が出来ます。

動脈硬化は日本人の死因第2位である心疾患と死因第4位である脳血管疾患に関与しています。
コレステロール等で出来たこぶに刺激が加わり破れると、傷を修復するために血小板がかさぶたを作ります。
このかさぶたが血栓で、血栓によって血流が妨げられることにより、その先に酸素や栄養が行き届かなくなります。
心臓で起こると心筋梗塞、脳で起こると脳梗塞になります。

血管の健康状態を知るにはABI検査やbaPWV検査が有効です。

検査時間は、機器装着含め10~15分程度です。

ご自身の血管の健康状態を把握することが、動脈硬化の予防や早期発見、
将来のイベント発症率低下させます。

生活習慣の改善に努めるとともに、定期的に検査を受けることをお勧めします。



不明点がある方は下記までお問合せ下さい。
お問い合わせ
045-823-1010
月曜日~金曜日
土曜日
9:00~17:00
9:00~12:00