病院からのご挨拶


近年の医療の動向は内視鏡手術や日帰り手術などにみられるように、医療工学の進歩には目覚ましいものがあります。先端医療技術の導入は国民健康衛生の向上に貢献していますが、一方それを支える財源の膨張が問題となっています。 病気には緊急に医療処置が必要な急性期疾患と、長期にわたり療養や介護を必要とする慢性疾患があります。どちらも医療として大切で、両者が連携して充分に機能しなければなりません。かつての内科や外科の大きな診療科が今日では専門細分化してきているように病院もどのステージ(病期)を担当するかで類別化されています。 十慈堂病院の入院病床は介護療養型病床群に属し、急性期治療が終わった後の医療を担当し、ご利用の多くは脳血管障害後遺症、関節リウマチ、認知症など日常生活上の支障の為に長期入院を必要とする高齢者の方で、したがって治療よりも介護に重点を置いた療養生活を送っていただいています。 高齢社会にあって、ご家庭の事情により在宅療養あるいは施設入所など、様々の療養形態を希望されます。十慈堂病院を中核とする医療法人敬生会ではそれぞれの家庭のご要望に対応すべく介護老人保健施設(老健)、訪問診療制度、訪問看護ステーション等を併設し地域との密接なネットワークとともに医療・介護面で専門的立場からの支援を心掛け、ご養生の患者さまとご家族に満足度の高い日々を送っていただくよう願っております。