病院長からのご挨拶



 病院長  北村 佳久

新しい年を迎えて

 令和3年、新しい年を迎えました。コロナ禍の状況が続き、不安な毎日をお過ごしかと思います。
ワクチン投与の実現、新薬の出現など、なんとか事態が好転することを期待しております。
 本年で、十慈堂病院は開設40周年を迎えます。現在、当院では、3つの部門で当地区の地域医療に対応しております。
1つ目は介護療養病床での入院加療。日常、常に介護の必要な方々の長期の療養に医療・介護を行っております。近くでの療養施設としてお役に立てればと思います。
2つ目はともろー訪問看護ステーションと連携した介護保険での在宅医療、デイケアの部門です。在宅療養の可能な方々に、生活力のアップ、同居の方々の負担軽減をめざす対応をしています。
3つ目は外来診療で、内科一般(さらに専門外来として、アレルギー、膠原病、神経内科)、脳神経外科、皮膚科、泌尿器科の外来が行われています。どの科も高齢化社会に不可欠であり、急性期病院との連携も確立し、十分な対応できていると思います。
 高齢化社会において、この南舞岡、舞岡台~日限山地区においても病院やバス停までの少しの坂、少しの段差がきつく感じられ、通院も大変になってきているかと思います。地域に根ざした医療機関として、通院での援助ができないか検討しておりますので、ご利用ください。
 高齢化社会に優しい、頼りになる病院をめざしてまいります。本年も、よろしくお願いいたします。

                      十慈堂病院院長    北村 佳久