リハビリテーション

リハビリテーションについてのご案内

入所・通所ご利用の皆様に、リハビリ専門スタッフ(理学療法士・作業療法士・言語聴覚士)により個別でのリハビリテーションを実施しています。また、個別的な機能訓練を行う他に、集団でのレクリエーションなどを行うことで、より自立した活気のある生活の維持獲得に努めております。

また、在宅復帰の際にはリハビリスタッフによる住環境整備などのアドバイスなども行っています。
平成20年10月には介護予防筋力トレーニング機器を導入し、利用者の皆様も積極的に取り組まれています。

広報リハ室 022.jpg

理学療法士によるリハビリテーション
日常生活動作の維持向上に向けて、おひとりおひとりに合わせた筋力トレーニングや歩行訓練などを実施しています。
作業療法士によるリハビリテーション
その方の基本的な身体能力を生かして、食事動作や更衣動作などの日常生活動作の練習を実施しています。
言語聴覚士によるリハビリテーション
失語症や構音障害・記憶障害の方々にそれぞれの症状に応じた個別的アプローチを行います。
広報リハ室 009.jpg筋力トレーニングマシン

スタッフ付き添いのもと、皆さんがんばってらっしゃいます。

広報リハ室 013.jpg理学療法士によるリハビリ
広報リハ室 035.jpg理学療法士によるリハビリ風景
ot.jpg作業療法士によるリハビリ(貼り絵制作)

_NowPrinting.jpg作業療法士によるリハビリ(写真準備中)
_NowPrinting.jpg言語聴覚士によるリハビリ(写真準備中)

11月

こんにちは。作業療法士の磯村です。秋も深まり、木々の紅葉も美しい季節がやってきました。リハビリテーション課にも秋の花々と紅葉がきれいに飾られました。作業療法では、皆さんの生活場面での「活動」に焦点をあて、手先や腕のリハビリを中心に実施しています。その一環として、季節に合わせた作品造りを課題に取り入れ皆さんの力で完成した作品を作業療法室に展示しています。作業活動では、手先を使う事で運動になるだけではなく、出来上がりに向けての意欲向上や完成した作品を眺める事でご自分が作った過程を回想するなど、脳全体への良い刺激にもなります。出来るだけ多くの方に参加して頂き、今後も素敵な作品を展示していきます。